ナカミチ限定モデル

TOMの浜田です。








去年の5月31日でナカミチの国内販売が終了して、早くも1年3ヶ月が経ちます。



当店もNSS(ナカミチスペシャルショップ)として15年余り活動してきたので

かなりのショックでした。



これほど数々の名機を世に放ったメーカーは他にないと思います。






ナカミチ 限定モデル ヒストリー (限定商品を中心に私の感じたまま、まとめてみました)



TD-1200SE LTD (TD-1200SEの限定モデルで100台限定)
当時では珍しいピアノ調ブラックで質感の高さには驚きました。
カセットテープ全盛でCDで聞くよりもカセットテープに録音して聞いたほうが良かった記憶があります。
入力はCDチェンジゃーとAUXがあるのですがCDの方に繋ぐと音が悪く、CDチェンジゃーは
必ずAUX側に接続する必要がありました。




1000TD (100TDの限定モデルで100台限定)
斬新なメカニズムでTD-700のフェイスを持ちボタンを押すとフェイスが裏返り
CDチェンジゃーコントロール表示のフェイスに変わる画期的なものでしたが、
当店での販売数は比較的少なかったです。





TP-1200LTD (TP-1200の限定モデルで500台限定)
ベースのTP-1200のトーンコントロールを排除する事により音質向上
プリなので単体での使用は出来ず、1000DAC、1000MBの接続でCDを聞くことが出来ました。
(1000DAC、1000MBは限定各100台)
このシステムではCDを聞く為のセットだけで65万円していました。





CD-700
やっとCD単体でのハイエンドモデル登場
音は良いのですが、発売当初はとにかく壊れました。30台販売すると25台くらい修理があり
多い日で一日5台くらいの取り外しと修理の日々。





CD-700ミレニアム(2000年記念モデル)
CD-700のトーンコントロールを排除する事により音質向上
音質もかなり良く、故障も幾分少なくなり、それでも3割位の故障はありました。
とにかく良く売れました。
販売するときは必ず、よく壊れますが音質が良いです。
と壊れる話を前提の上販売していました。




CD-700Ⅱ
フェイスの色が変わり電源強化されたモデル。
なにより故障が少なくなりました。音質はミレニアムの方が少し…   上かな?






CD-700Ⅱ K.Kobayashi Tuning
究極のCDプレイヤー、100台限定モデル。
数少ないナカミチスペシャルショップの中で
さらに限定され6店舗だけに販売することが許された幻のヘッドユニット。
なんと一週間で完売。

音楽関係の方や音楽評論家の脇森先生も手に入れられました。
CDプレイヤーではこのコバヤシチューニングに勝る機種はないのでは。
脇森先生から(安すぎる! 80万くらいの音はしている)と当時お聞きしました。


またナカミチの小林さんと会議の席で「壊れすぎるので何とかしてください」といったのですが
音優先だから壊れても仕方がない。と驚きの返答が忘れられません。




色々とありましたが…





CD-700?K.Kobayashi Tuning

私にとってナカミチは最高に素敵なオーディオメーカーでした。
















コメントの投稿

非公開コメント

始めまして。

始めまして。
いつもブログ楽しみに見ています(^^)
音響に興味あるんですが、なかなか踏み切れずにいます。
またお店の方に行きたいです。

ありがとうございます

太陽さん、コメントありがとうございます。
いつでも軽い気持でお立ち寄りください。
ホームページではご紹介しきれないノウハウ等数々あります。

プロフィール

tom hamada

Author:tom hamada
高知県のカーオーディオ専門店
プロショップTOMのオーナー浜田です。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
QRコード
QRコード